あまり行かない喫茶店で

何が嫌いかより、何が好きかで自分を語れよっ!!!!HIPでHYPEな話題を。

【Music】2018 XXL FRESHMAN CLASSの候補者リストが、海南大附属並に選手層が厚くてすごいぞぃ。(随時更新)

おはこんばんちわ。

XXL FRESHMAN CLASS 2018の候補者がついに発表!超激アツな候補者の数々で興奮しております。

 

f:id:richardDjames:20180412215609j:plain

まだEPしか出してないような新人にも関わらず、既に超人気のラッパーがかなりの数が選出されており、その選手層の厚さはさながら海南大付属なんじゃないかと噂がBrooklynあたりで流れてるとか流れてないとか。

実際は今回の候補者は総勢で126人なので、こっから10人に絞られて本当の海難大付属になるのですが。

 

先日書いた記事でも触れてますが、改めて発表された正式な候補者の中で個人的にアツいラッパーを改めてピックアップしたいと思います。

 

 

● LIL PUMP

今回発表された候補者の中で圧倒的知名度で言えば断然リルパンプでしょう。17歳にして億単位でレーベルと契約。代表曲「Gucci Gang」は再生数6億回。ヤバすぎ。

 

 

●Pi'erre Bourne

ネクストカニエと噂されるラップもできるプロデューサー、ピエールボーンさん。A$AP MOBに加入して話題となったPlay Boy Cartiの大ヒット曲「Magnolia」もこのピエールさん提供のトラック。

とにかく昨今のイケテル曲のトラックをかなり手がけているイメージ。今最も旬な若手プロデューサーがラッパーとしてXXL FRESHMANにも候補者入りとなり、いよいよ大ブレイク間近ですね。

 

 

 

●Lil Xan

HIPHOPレジェンド2Pacを「退屈」といってのけ、全米のヘッズから叩かれまくって注目を浴びたリルザン氏。

なんか音楽以外の所でよく注目を浴びているイメージですが、個人的にはこの曲のが「退屈」な印象。

2Pacの「Hit'Em Up」とかめちゃくちゃかっけぇぞ。リルザン氏は、とりあえずアルバム聴き込んでみる事をお勧めします。

 

  

●Famous Dex

個人的に最近めっちゃ好きなラッパーの1人、ファイマス・デックスさん。イケメンで背も高くスタイルも良い。おまけにめっちゃオシャレ。

先日発売のデビューアルバムに収録の「JAPAN」という曲も、日本人として好感が持てます。てか最近のラッパーのアニメ・マンガ好きは異常。ドラゴンボールやNARUTO好き過ぎ。

先日も高感度ファッション雑誌「Them Magazine」の表紙を飾り、いよいよメジャーラッパーの仲間入りも時間の問題だと思われ。

f:id:richardDjames:20180407232920j:plain

 

 

●6ix9ine

彼についてはヤバイとだけお伝えしておきます。詳しくは以下の記事を参照ください。

 

 

●Sheck Wes


LIVE SHECK WES BITCH !
DIE SHECK WES BITCH !

ここ最近はミーゴスのパクリみたいな三連符系スタイルが流行っていましたが、久々にNY感強めのハードコアなライムがカッコいいラッパーが現れてニッコリ。

彼の名はシェック・ウェス。カニエのG.O.O.D MUSICとサインを交わしております。今年はValeeさんに続いて2人目。これからがめっちゃ楽しみです!G.O.O.D MUSICを牽引する新世代のラッパー2人の注目に目が離せません。カニエとのコラボ期待。

 

 

●Valee

シェック・ウェスが出た所で、同じくG.O.O.D MUSICとの今年契約1号目のヴェイリーさん。

セントルイス出身の新進気鋭のプロデューサーCHASE THE MONEY(チェイスザマネー)との相性が最高にカッコいいValeeも今回候補者に入っていてかなり嬉しいです。21 Savegeとは違った気だるげでリラックスしたフロウがまたカッコいい。

 

 

●King Comb

どういうことだってばよ!!!!

このPVを観て圧倒的違和感を覚えるのは私だけではないはず。それもそのはず、キング・コムズことクリスチャン・コムズは、かのP.DiddyとかPuff Daddyだとか最近ではブラザー・ラブと言われてるのかは知りませんが、HIPHOP界きっての名門レーベルBad Boys Entertainmentの創設者 ショーンコムズの息子である。

ショーンのファッションブランドである Sean Johnのヘッドバンドを堂々とPVで着用。七光りもここまでこれば、清々しいとというもの。

つまり、DiddyはJay-Zに並ぶNYをレペゼンした代表的なアーティストであり、キング・コムズは東海岸を代表する偉大なラッパーを父に持っているのです。

 

にもかかわらず、この曲は2Pacの名曲「All Eyes On Me」をサンプリングしちゃっており、めっさレイドバック感強めで圧倒的にウェストコーストであり、PVに至って言えば圧倒的にウェッサァ〜〜イである。事に及んでPVでは、WのハンドサインをかましながらCウォークを見せつける始末。ICE CUBEやW.Cの御大に比べたら下手だけどね。てかキング君はクリップスなのかい???

▼W.C御大のお手本Cウォークは02:03からチェック。

 

つまり、東海岸出身にも関わらず圧倒的西海岸の曲をつくるキング・コムズはHIPHOP界の既成概念や古いしきたりなんかI don't give a fuckってことなのか?わからんけど。

出身が実はLAとかだったら話は変わるんですけどね。これはかなり面白い事なので引き続きチェックせねば。わかる人教えてください。

 

 D&Gのランウェイにも参加しているとのこと。すげ。

 

 

とにもかくにも話題に事欠かない新人ばかり!!!オラわくわくすっぞ!!!まる。

 

Apple Musicまずはお試しあれ。