あまり行かない喫茶店で

何が嫌いかより、何が好きかで自分を語れよっ!!!!HIPでHYPEな話題を。

【Music】最近よく聴いたアルバム・シングル / 2018年2月

おはこんばんちわ。

久しぶりの更新になります。

もうすぐ3月になりますが、2月よく聴いた新譜や旧譜をいまさらリストアップ。2月も話題作でいっぱいでしたね。良い音楽で溢れています。

ぜひ良い音楽との出会いのきっかけになれば。ってことでまとめました。

 

以下は簡単なトリセツ

  • 新譜(2018年発売)から、順に古い作品を紹介
  • 表記形式は「 ● アルバム名 (曲名 ) / アーティスト名(発売年)」
  • どれも良かったので、ランキング形式ではありません
  • キーやコード進行がどうとか全然わかりません。
    感覚で良かったってアルバムのみ
 

 
● Culture 2  /  Migos(2018.02)

f:id:richardDjames:20180225215216j:plain

 

こんな人にオススメ

  • トラップ好きな人
  • 特にサウス系が好きな人


全世界待望のCulture2!

さてさてやってきました。ヒップホップ最前線でイケイケのアトランタ出身ヒップホップトリオといえばMigos。前回「Culture」が世界で大ヒットを記録して、その次のアルバムが「Culture2」。シンプルでわかりやすい!Ayy

とにかく「Stir Fry」から聴いてほしい。ProducerはPharell先生。良い仕事してます。その他は「Supastars」「Narcos」「BBO」「Gang Gang」「Made Man」がいい感じ。全24曲の大作で、前作よりも曲調が幅広くなった印象でとても聴きやすくなりましたね。「Made Man」なんか珍しく生音ジャズ調になりとてもしっとりしたMigosさん。めちゃいいね!

 

 

● Day69  /  6ix9ine(2018.02)

f:id:richardDjames:20180225223243j:plain

 

こんな人にオススメ

  • キワモノアーティストが好きな人
  • ハードコア、ラディカル(過激)な曲が好きな人


ヤバすぎる ヤバい ヤバすぎる

このかわいいコミック風のアートワークに騙されてはいけない。超過激な新人の登場である。

今やアメリカのラップシーンは、ライミングスキルやリリックで目立つ以上にキャラで売るマーケティングが重視されている模様。目立つためにはもはや犯罪まがい、いや犯罪さえするラッパーさえ昨今ちらほら。

そんなアングラ新人ラッパーの中から頭一つ二つ抜きん出て、現在アメリカで大人気を博すのがこの6ix9ine(シックスナイン)。

今までありそうでなかった叫ぶようなフロー、モザイクがかかりそうな下品で血なまぐさい歌詞、不穏でアッパーなトラック、顔中に入ったタトゥー。レインボーカラーの髪の毛、カラーギャングを示唆する真っ赤な服、、、、やべぇよ、こいつ。なんでラッパーしてんだよ?ってレベル。なぜジャケットにペアレンタル・アドバイザリーが入ってないのか謎すぎる。

自身をSCUM GANGと称するシックスナインさん。
その意味は「Society Can’t Understand Me」社会に俺は理解できないとのこと。うーん、さすがアメリカ。こんなアーティストでもアメリカンドリームを掴めるのだからすごい国だと思う。

てかインスタ見る限りファンにはめっちゃ優しいよね。

 

 

 

● Ztm  /  Z Money(2017)

f:id:richardDjames:20180317004948j:plain

 

こんな人にオススメ

  • シカゴヒップホップが好きな人
  • 怪しくダークな曲が好きな人

 

シカゴシーンの注目株

Z Moneyというラッパーに出会いました。見つけたのはApple Musicの【シカゴ アーバン世代】というプレイリストで流して聴いてた時にビビッときました。このアルバムは2017年に発売したもののようで超フレッシュってわけではないです。

が、メインストリームでかかるようなキャッチーさはなく、Z Moneyの地元シカゴでヒットしているんだろうなぁっていうリアルなシカゴの雰囲気がなんとなく伝わる曲が多いですね。シカゴ行ったこと無いけど。

 

 

● Vtm  /  Valee & CHASETHEMONEY(2017) 

f:id:richardDjames:20180317010515j:plain

 

こんな人にオススメ

  • カニエのレーベル「G.O.O.D MUSIC」が好きな人
  • シカゴ最先端が気になる人

 

G.O.O.D  MUSICと契約した新人

KanyeWestが率いるレコードレーベルG.O.O.D MUSIC。そこに今年加入が発表された、こちらもまたシカゴ出身ラッパーValeeが先月話題でしたね。実は私、このニュースが流れる前になんとかValeeさんを自力で見つける事ができていました。これほんと。

上にも紹介したZ Moneyのヒット曲「Z-Money "Two 16's" Feat. Valee' 」に、Featされていたからです。PVでもなかなかいい存在感を出していたので、彼のアルバムもチェックしてみた所、全部かっこよいトラックと気だるけなフロウがすぐに好きになりました。

ところでお気づきだろうか?上のZ Moneyのアルバムは「Ztm」で、Valeeのこのミックステープは「Vtm」。感の良い人はお気づきだろうが、この共通の「tm」とは、何を隠そうアルバムのプロデューサーである「CHASETHEMONEY(チェイスザマネー)」のことである。多分。

つまりチェイスザマネーとのコラボアルバムは「◯tm」という名前になるようです。これまたわかりやすくて面白いですね。あと「プロデューサータグ」がわかりやすい。
「 チェイスザマネ!  チェイスザマネ! 」である。そして、彼のトラックの多くにお菓子を食べたときのような「サクッ」という音が入っている。これもすぐにチェイスザマネーが作ったってわかります。作る曲は、ダウナーでダーク、音数が少なくスローな曲が多い印象。どの曲もすごいカッコイイ。

Valeeに合わせて、チェイスザマネーもこれから要チェックなプロデューサーだと思いますよ!

 

 

● Woman  /  RHYE(2013) 

f:id:richardDjames:20180317015128j:plain

 

 

こんな人にオススメ

  • しっとりした曲が好きな人
  • SADEが好きな人
  • セクシーでゆったりした曲が好きな人

 

ヒップホップ疲れに◎

疲れました。あんだけヒプホプばかり聴いてりゃ、そりゃな。ってわけで、ハードな曲ばかり聴いてると癒やしを求めたくなってしまい。

昨年末RHYEという聞いたことのない名前のアーティストの2ndアルバムが出ると話題だったのを思い出し、「まずは1stからだなっ」て特に下調べもせずに聴いてみたんですが。これが心地よい心地よい。癒やされます。

男版SADE(シャーデー)って言われてるようですけど、そのまんま!これ本当に男性の声?ってレベルのセクシーで甘美な声。とにかくセクシー&スムーズィー。疲れた週末の夜、お部屋でCHILL OUT(くつろぐ)するには最高のアルバムじゃないでしょうか。次は2ndを聴きたいけど抜け出せないほど心地よいですよ。

SADEを知らない人は、まずSADEを聴いてみて下さい。良いですよ、、、。

 

来月も色んな曲を聴きたいですね。まる。