あまり行かない喫茶店で

何が嫌いかより、何が好きかで自分を語れよっ!!!!HIPでHYPEな話題を。

【Music】寝るときにかけるべきアンビエントミュージック5選

おはこんばんちわ。
りちゃです。

突然ですが、寝るときは音楽を流す派ですか?無音派ですか?
僕は音楽を本当に小さなボリュームで流す派です。

もちろん何でもジャンルレスにかける訳ではなく、ある程度静かでリラックスできる音楽を選んでいます。僕がよくかけるのは主にアンビエントというジャンルの曲です。

アンビエント」とは、別名環境音楽と呼び美術館等に代表する静かな空間で流しても存在感は出さずともその空間での鑑賞をさまたげず心地よくとけ込む、BGMだけど静かにそっと横にいてくれるような音楽の事を言います。

気づいたら「あ、音楽流れてたんだ。」みたいな。気づくか気づかないか微妙な感じの。意識と無意識の境界線があったらその線の真上をふわふわ漂うような音楽です。

この「アンビエント」、クラブミュージックの文脈の流れの中で語られるので、クラブっぽい「ドゥン ドゥン ドゥン ドゥン」な曲も多数あります。そんな曲でも浮遊感があって聴いてて寝落ちできる曲があるのが面白いところ。

今回は僕がオススメの寝るときにかけるべきアンビエントな曲をまとめてみました。

 

 

● Music for Airports 1/1 / Brian Eno

www.youtube.com

アンビエントと言えば、ブライアンイーノ。ブライアンイーノと言えば、アンビエントアンビエントの概念を作った巨匠の1曲。アンビエントを産んだ親です。

架空の空港に流すBGMという設定で制作されたこの曲。曲のテンポもかなり遅くて、基本はピアノのみの音数かと思います。

とにかく寝るときに流せば寝落ち確実。万人が静かに床につける。そんな曲です。この曲は48分もありますので、この曲だけ流してても寝落ちできるのではないでしょうか。ちなみに、6時間verもyoutubeにはあります。

 

 

Xtal / Aphex Twin

www.youtube.com

エレクトロダンスミュージック史に燦然と輝くAphex Twinの超名曲にして定番の1曲。

ボリュームによっては体を動かしてしまいそうなので、本当に小さめのボリュームで流す事をおすすめします。

ていうかね、この曲が収録されてる「Selected Ambient Works 85-92」は全部通して流しても寝れますよ。ちょこちょこ激しめのドラムが頭をもたげるけどね。

 

● #3 / Aphex Twin

www.youtube.com

リンクのサムネイルを見て、え?って思った方。とりあえず聴いてみてください。良いですから。すぅーーー....っと寝れると思います。またもやAphex Twinですが、この悪ふざけがすぎた感じでこういう曲をつくるから面白いです。

 

● Memories / トベタ・バジュン

Memories

Memories

  • トベタ・バジュン
  • ワールド
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

日本の音楽家トベタ・バジュンさんによる一曲。基本ピアノは良いですよね。このぽつりぽつり弾く感じが良いです。youtubeに上がってなかったので、iTunesからの貼付けなので一部しか聴けないのが残念です。

 

 

● Summer / 久石譲

www.youtube.com

最 そして 高。

どんなに糞みたいな一日でも、その日の終わりにこの曲を流せばすべて映画のワンシーンを切り取ったようにささいな日常だったと振り返ることができ、全てを洗い流し許す事ができる。そんな深くて広い曲です。

寝るときにかければ、それはもう全てを忘れて夢の中に落ちて行けます。
アンビエントではないですが寝るときにかけるのにとてもおすすめです。まる。