あまり行かない喫茶店で

何が嫌いかより、何が好きかで自分を語れよっ!!!!HIPでHYPEな話題を。

【Fashion】安部勇磨という男

おはこばんちわ。
リチャードです。

 

以前に買ったSTUDYというインデペンデントファッションマガジンを読み返していたら、なんと創刊号に安部ちゃんが載っておりました。

 

この雑誌、というか小冊子、といいうかZINEというか、インデペンデントな割に前田晃伸さんをADに、写真に奥山由之さん迎えて大判で制作したりとそこらの雑誌よりはおもしろいんですが毎号高くなってる。

 

というのは置いといて、インタビューから安部ちゃんのアティチュードがにじみ出ていたので一部を紹介したいと思います。

 

「中学生の頃に【N.ハリウッド】にハマって、一時期はそればっかり着ていたんですが、一番上の兄貴にすごく馬鹿にされたんですよ。お前、全然似合ってないぞ、って(笑)。あと、高校に入るとまわりがリサイクルショップで買ったような洋服ばかり着ていたんで、自分のキャラに合わない格好はやめようと思いました。」

それからは、実家の近くにあった三件茶屋のBANKっていう古着屋さんに通うようになって、そこで島田さん(現在はFILMオーナー)に出会ったんです。僕にとっての格好良いって、洋服に金かけてるとかそういうのじゃなくて、島田さんみたいにパッと見た目で格好良いかどうか。

あと、僕は無理せずに楽しみたい。身分相応というか。だから、高い洋服着ていてボロボロの家に住んでいるのとかは考えられないんです。

 

「東京」って田舎者の集まりですよね。だから、上京してきた人たちが華やかなファッションに触れると歯止めが効かなくなる。でも、子供の頃からずっと東京にいるとそういうことには慣れるので、もうちょっと落ち着いていられるんです。

 

「もっとみんな自分に自信持ったら良いと思うんですよ。ダサいって言われたくらいで自分の方向性変えたらダメです。自分の好きな格好をしたら良い。それにファッションの趣味が違っていても、マインドで共感できたら友達になれるじゃないですか。」 

引用:STUDY創刊号「服のはなし」インタビューより

 

出典 : STUDY創刊号「服のはなし」インタビューより

 

 

この日の安部ちゃんのコーデは、A.P.Cのデニムパンツ以外は全て古着。インナーのパーカーは母親が着ていたユニクロ。冬の服選びは「防寒第一」。

この一番上の兄貴って、高橋一生の事ですよね。なるほど。高橋一生が安部ちゃんのファッションアティチュードの土壌を作ったという事か。さすがですね。

そして安部ちゃんと言えば、破天荒すぎるお母さん。そのお母さんのパーカーを着てきていたとかリアル。リアルすぎる。服と生活って切っても切り離せない、ほぼイコールで結ばれる関係ですよね。良い意味で生活感が服から出ています。お母さんとはいろいろあったとは思うけど、やっぱり好きだったんだろうな。

 

この時期の安部ちゃんを服という切り口でインタビューしたSTUDYファウンダーの長畑さんはアンテナセンスが抜群ですね。第一号が創刊されたのが2014年の12月。写真の安部ちゃんの服装の感じから、インタビュー時期は2014年の10月か遅くても11月か。

2014年の9月からネバヤンは今のメンバー体制で正式に活動始めたんだから、眼を付けるのが早いですね。すごい。

 

なんか当たり前なんだけど、ファッション雑誌って服を買わせるため・消費を促すために常に最新のファッションの動向や流行を特集すると思うんだけど。

安部ちゃんみたいな考え方って、ファッションブランドからしたら「危険思想」かもしれない。常に決まったタームで新しい服を作り続けるブランドは、常に服を売り続けないと走って行けない。だから、常に広告をかけてあの手この手で消費者に服を買わせる。そんなブランドについていけるのは体力(財力)がある人だけだけど、ハイブランドとは真逆のファストファッションが今受けてるのは着いて行く体力がない人が増えたからだったり。他にもいろいろ理由はあると思うけど。

けど、最新のシーズンの服の消費を促す目的ではなく、お金をかけずに楽しめる服の側面を切り取るファッション雑誌があったら面白いかも。って思った。

広告主体で作られている既存の雑誌にはまず無理だが、ブランドから広告費をもらわずに運営しているSTUDYにはそんな唯一無二な雑誌作りができそう。ただ大人の事情でなかなか一筋縄にはいかないよね。まる。

 

ファッション系の小言はコチラもあわせてどうぞ▼

richarddjames.hatenablog.com

richarddjames.hatenablog.com