あまり行かない喫茶店で

何が嫌いかより、何が好きかで自分を語れよっ!!!!HIPでHYPEな話題を。

【Music】メジャーに移ってしまい我々の手から離れてしまった、never young beach について興味を持ってほしい

おはこんばんちは
スタバでMacを開くのがあまりにも恥ずかしい行為だということを入店してから思い出して、財布でも忘れたような素振りでスターバックス南池袋店を去ったリチャードです。

やはりMacはカフェドクリエに限ります。池袋界隈のカフェのお話はいつか記事にしますので、ご一読くださればと。

 

さて、前回の記事で私はネバヤンの安部ちゃんの等身大のファッションについてすばらしい事を伝えたましたが
richarddjames.hatenablog.com

 そもそも「安部ちゃんって誰っ」って方もいますよね。
そんな方々に向けて興味を持ってもらうべくご紹介させていただきあす。

 

 never young beachというバンド

まずは文章でうんぬん語るより、百文は一聴にしかずである。
私の心の琴線をがっつり震わされて、以後ネバヤンのファンになってしまったPVが以下であるので一度聴いてほしい。

 

www.youtube.com

 

「明るい未来」

曲名、歌詞の世界観、そしてPV、どれをとっても素晴らしい。
こんな素晴らしいバンドに興味を少しでも持ってくださった読者の方のために、オリジナルの紹介文を書こうと思ったが公式サイトに紹介文が掲載されていたので引用させて頂こうと思う。

ネバーヤングビーチ。
2014年春に、安部と松島の宅録ユニットとして活動開始。
暑さで伸びきったカセットテープから再生されたような奇特なインディ・サイケ・ポップ『HOUSE MUSICS』をダンボール仕様のジャケットで100枚限定で発売。
ライブもせずに口コミで瞬く間に話題となり、ココナッツディスクなど一部店頭のみで販売し即完売。

2014年9月に阿南、巽、鈴木が加入し、現体制の5人組になる。9月に初ライブにして自主企画《Fight Club》を開催。
2015年5月に1stアルバム『YASHINOKI HOUSE』をリリースしロングセラーとなり2015年上半期の『CDショップ大賞』ノミネート作品に選ばれる。7月末にFUJI ROCK FESTIVAL'15に出演。
土着的な日本の歌のDNAをしっかりと残しながら、どこか海外の海と山が見えるような匂いを感じさせる。そしたら誰かが言った…「西海岸のはっぴいえんど」と。2016年1月には『YOSHINOKI HOUSE』のアナログ12inch盤がリリースされる。

松島皓(Gt)、阿南智史(Gt)、安部勇磨(Vo&Gt)、巽啓伍(Ba)、鈴木健人(Dr)

 

ご覧頂いただろうか。

【土着的な日本の歌のDNAをしっかりと残しながら、どこか海外の海と山が見えるような匂いを感じさせる。そしたら誰かが言った…「西海岸のはっぴいえんど」と】

誰が言ったか「西海岸のはっぴいえんど」。上の一文を書いたライターのしたり顔が眼に浮かびます。そもそもはっぴいえんど知らない人はなんとか自力でググっていただくとして、

  • なんか昭和っぽい
  • 晴れた土日の昼間 or 予定の無い日に流したい
  • なんかあったかい
  • 全体的に夏っぽいし、春っぽい曲もある
  • 基本的に季節を感じる曲が多い
  • 歌詞の世界観から溢れ出る、リアルな生活感がなんか好き
  • 畳もいいかもって思える

 以上が、never young beachを聴いてきて私が思った率直な感想です。作詞作曲どちらも安部ちゃんがほぼ全てを担っており、彼の人格や人生観がそのまま反映されているのではないかと勘ぐってしまう。昨今の音楽業界のメインストリームから一線を画す世界観を持ったバンドだと言う事が伝われば幸いである。

安部ちゃんという男のファッション→安部ちゃんが率いるバンド→バンドの世界観→作詞作曲している安部ちゃん自身について

興味の導線が以上の様にしかれた訳だが、彼の半生は壮絶の2文字で表現せざるを得ない。安部ちゃんの半生をオリジナルの文章で紹介しようと思ったが、これもまたCINRAに素晴らしい記事があったので引用せざるを得ない。

https://www.cinra.net/interview/201505-neveryoungbeach

と思ったら、記事が削除されている(涙)なぜ消されたのか、、、。

とりあえず安部ちゃんの家庭事情についてまとめると、

  • チワワが30匹くらいいた
  • 3人の父親と、ひとりの母
  • 母は働いてはお金貯めて、3〜4年に1回デカい事業を起こして失敗するっていうのを繰り返す
  • 中学の修学旅行の1週間ぐらい前に、母から突如「学費をずっと払えていなかったから、あんた今日で学校辞めることになりました」って告知される
  • 好きな女の子の親に100万円借りて来いと母親に言われて、借りにいくも本当に借してくれた

とりあえずヤバい。こんな家庭環境だったからこそ「天気が良ければ、わりとそれでいい」という価値観になるのかもしれない。だからこそこんな音楽性になるのかもしれない。

www.tunecore.co.jp

こんなバンドなかなか出てこないよ。もはや高橋一生とは腹違いの兄弟だということは有名な話でありますが、そんなゴシップからの導入でもいいのでぜひ音楽を聴いてほしい。僕はこれからも応援し続けたい。まる。